とりあえず釣ってもらうには。

おはようございます。

NFGです。

 

今日は初心者さんへのネタです。

 

暖かくなり、釣りにいくことが増えると思います。

そんなとき、

「俺も釣り教えて!」

なんてことよくありませんか?

 

教えるには良いんだけど、実際に行くと長時間釣れないと飽きてしまったり…。

 

そんなときは、私は2inくらいの小さいワームを使ってもらいいます。

 

ノーシンカーまたは、スプリットショットが仕掛けも作り易く簡単だと思います。

↓スプリットショットリグ

rig2

 

ワームが小さいのでシンカー(重り)も小さ目に。

 

ノーシンカーならゲーリヤマモトみたいな高比重系が扱いやすくてお勧めです。

 

ダウンロード

 

そしてあまり動かさず、キモは魚に発見させるイメージでしょうか。

サイズは選べませんが、数は釣れるのでそれなりに飽きずに出来ると思いますよ。

 

まずは「釣れないイメージを持たせない」これ大事なような気がします。

 

南信FishingGuideでした。

 

2 Responses to “とりあえず釣ってもらうには。”

  1. 清水一希 より:

    俺の場合は、リグは大体同じだけど、動かし方は【だるまさんが転んだ】をするイメージかな❓

    バス釣りのイメージは、投げる・巻くがどうしてもイメージで、止める事はなかなかできないからね(≧∇≦)

    • 南信FishingGuide より:

      【だるまさんが転んだ】は良いですね。

      動かしたい衝動もそのイメージなら我慢できそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ