釣果の8割が釣る前に決まる!? アプローチを変える3STEP!

こんにちは。

釣果UPブログへようこそ。

NFGです。

 

今日のテーマは

釣果の8割が釣る前に決まる!? 

アプローチを変える3STEP!

ということでいってみます。

 

なぜこのテーマにしたのか?

ということなんですが、以前の私は釣りたい気持ちが先走りすぎて、

ポイントへの入り方を全く考えていませんでした。

 

ロッドを手に取り、ズカズカとポイントまで行きそのままキャスト。

何投かして、「釣れね〜」とか言いながら、次のポイントへ。

ラン&ガンだ!とか言いながら(笑

-shared-img-thumb-OY151013251050_TP_V

 

 

そんなことだから、逃げるバスだけはよく見かけてました。

 

「しまった!」

-shared-img-thumb-BL007-turibashikouka20140810_TP_V

とか思ってもすでに遅い。

 

魚も命がけですからそりゃ人が来たら逃げますね。

 

じゃあ一体何がいけなかったのか?

ということなんですが、釣りたい一心で

魚からどう見えてるか?

ということを全く考えていませんでした。

 

自分の足音、魚からの目線、魚の向き、そこらを予想することで

やって大丈夫なこと

やってはいけないこと

 

に注意することができます。

 

よく「魚の気持ちになれ」とか言いますが、食べたいもの以外にも

魚はどこにいて何に注意しているのか?

LargemouthBass

というところも気をつけると魚に出会える確率もアップすると思いますよ。

 

 

では実際にどうするか、3ステップにしてみました。

 

・ステップ1

ポイント全体を見て魚がいそうな場所を予想する

・ステップ2

そこの魚がどこを見ているか考える

・ステップ3

そのバスの視界に入らない、または気付かれないようなアプローチを考える

 

常にやるのも疲れますが、ここ一番のポイントだけでも

そのくらい気を使うとバスに気付かれる前に先手を打つことも可能になってきます。

 

 

☆今日の釣果UPワーク☆

過去に行ったポイントや、よく行くポイント、釣れなくて悔しい思いをした場所などを思い出して、考えてみてください。

-shared-img-thumb-OY151013150430_TP_V

バスは

どこにいる(居そう)?

どこを見ている

どうしたら気付かれずに近づけるか?

 

これに気をつけたら次の釣行はどうなりそうですか?

 

野池のバスほど岸際に居たりします。

想像でも実感してもらえたら次の釣行で使えますよ。

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 
ブログ村にエントリーしています。こちらポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ