千曲川と天竜川同じスモールマウスリバー、でも違いは?

こんにちは

NFG宮崎です。

 

海やトラウトに浮気していますが、やっぱりバス釣りが大好きです。

というか、魚釣り全般に大好きだということに今更気付きました(笑)

img_2848

 

長野県はスモールの聖地?

lake_hibara-ko2

今でこそ川にスモールがいるので普通に見えますが、

以前はスモールといえば野尻湖?みたいなイメージがありました。

 

福島の檜原湖も素晴らしいスモールマウスのフィールドなので

さすがにそこまでは言いませんが長野のスモールマウスのコンディションもとてもいいです。

 

標高も高くスモールマウスバスにとって過ごしやすいのかなと思います。

 

長野県でスモールマウスといえば

野尻湖

木崎湖

 

が特に有名です。

特に野尻湖では頻繁に大会が開催されていますね。

それだけポテンシャルのあるフィールドってことですね。

 

 

実は人気の川のバス釣り

これもすごく人気です。

常に水が動いているフィールドなので魚もやる気MAX!

止水域とは違った釣り方で楽しみ方も違います。

 

 

長野県のリバーバスと言ったら千曲川が有名です。

でもですね、私の地元には天竜川というスモールリバーがあります。

スモールリバーと言っても川はでっかいですけど(笑)。

で、今回言いたいのは川のバスってどこでも一緒なの?ということ。

 

大きくくくれば同じバスだしスモールだし。

結局一緒でしょ?

でも野池のバスにも違いがあるようにやっぱり違いがあるんじゃないの?

 

 

千曲川と天竜川の違いは?

IMG_2301

最初に気がつく違いといえば、川の大きさ。

 

千曲川 :214キロ(長野県内)

天竜川 :213キロ(全長)

 

全長こそ千曲川には及びません。

千曲川は信濃川と名前を変えて更に新潟まで続きますからね。

 

しかし、天竜川は暴れ天竜と言われるほどの激流が特徴です。

増水後などは確かにその暴れっぷりにびっくりします。

Hukou_Waterfall

(イメージです)

 

他には、千曲川は

川幅が広くてポイント多いという特徴を感じました。

対岸でもまるで雰囲気が違う?

【千曲川のバス釣り】安定したバスの釣り方はあるのか?

テトラがたくさん入ってたり、ボトムに小さな石が多く根がかりが少ないといった印象があります。

 

 

 

では天竜川はどうかというと

ポイント少ない(それでも1日では攻めきれない)

川幅狭い

激流

魚の引きが強い

 

というのが印象です。

川幅の狭さは、次の特徴の激流につながりますのでむしろメリットですね。

激流からくる流れの強さで釣れる魚はびっくりするほど引きが強いです。

もともと引きが強いスモールですが、天竜川はマジで?というくらいに(笑)

 

さらには川の中心に大きな岩が多く、ストラクチャーがあるので、

下からいきなり突き上げるバイトがある。

ドキッとさせられる釣りがあります。

 

下から弾丸のように飛び出してきた一本!

img_1129

 

 

 

 

まとめ

長野の川という似たような川ですが、フィールドごと違いがあるように

実はどちらもまったく違う川ですね。

 

ポイントが多く、安心して攻めたいなら千曲川。

激流の中で荒くれバスを狙うなら天竜川。

と言った感じでしょうか。

でもサイズを無視するならどちらでも数釣りは可能なのでボウズ率は低いと思いますよ。

 

攻め方も楽しみ方も川ごとに全然違ってきます。

まだまだ千曲川については知らないことがたくさんですが

千曲川、天竜川と独自の楽しみ方を探していきたいと思います。

 

 

 

バス釣りをもっと楽しみたい人必見のメルマガ

バス釣りって情報が多すぎて結局何から始めていいか

解りにくくないですか?

 

よくある雑誌を見ても・・・

 

・ほとんど広告

・〇〇メゾット

・BFC(ベイトフィネス)

・〇〇チューン

・専門用語全開

・細かすぎて難しい説明

 

〇〇理論、〇〇釣法とかいろいろありますが、

結局自分の好きな釣り方で釣れたらそれが一番楽しかったりします。

 

自分の好きな釣り方を見つけるには魚の生態、

季節に合わせた行動さえ知っていれば

あとは自然と釣れるようになってきます。

 

一時の短期的な釣り方ではなく、

本質的なことを知るだけで長く釣り続けることができます。

 

あとはメルマガにて順次お伝えしますが、

釣りってすごくシンプルでいいんですよね。

一緒に魚を釣りまくりましょう!

 

※不要な場合は即解除もできます。

試しに1、2通読んでみてください。

 

有料にて販売予定の教材を

今なら無料でプレゼント中です!

 

ブログ文字挿入用1

 

 

 

ブログ村にエントリーしています。こちらポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ