クランク、マイキーのマキマキが絶好調!ロクマルも。

こんにちはNFGです。

ヒゲの生えたロクマル出ちゃいました!

 

 

本日のゲストはDさん。

 

昨年もいらしていただき、

小渋でボートに乗りたいということで今年もご指名いただきました。

IMG_1853

この小渋ダムは良いダムですが、ボート施設がないのが難点ですね。

そのおかげで釣り人の制限がかかって魚が綺麗なんですが。

 

朝は風もなく、ほぼベタ凪状態。

IMG_1860

湖流も期待できないことから

インレット絡みで水の動くところへ。

とりあえず横の動きでサーチします。

 

宮崎ガイド、特に理由がない時は、ほぼ間違いなくマキモノを最初に投げます。

 

理由は一つ!

楽しいから!

 

朝は気持ちがいいし、何投げてもいいんです。

マキモノだって、ワームだって。

 

気分が乗ってる時こそ好きな釣り方でやりましょう(笑)

 

IMG_1862

 

ということで、Dさんの好きなクランクから(笑)

結局マキモノです。

 

 

マキ始めて、数投目。

すぐに答えが出ました。

 

IMG_1864

アベレージサイズですが、元気のいい一本。

続いて私も投げさせていただき、

 

IMG_1857

 

すぐさま同じサイズを(笑)

ヒットルアーはブリッツでした。

 

そこからDさん怒涛の連チャンが始まり、アベレージですが

クランクのみで5、6本は獲りました(バラシを入れるともっと沢山)。

写真撮るのが勿体無いチャンスタイムでした。

 

その後もサクサク釣り上げ癒しの時間を堪能するはずでしたが、

とある一匹を掛けたところ、ボート側で急なツッコミをかます!

 

ロッドが折れるくらいに根元からブチ曲り必死で耐えるDさん。

ついに来ちゃったか???

 

水面まで魚が上がって来て、大きな魚体を見せる。

デカイー!!!

 

と叫びながらのネットイン。

IMG_1870

 

ビッグワンには違いないけど、

ヒゲ生えとるやーん!

 

そう、正体はロクマルの鯉でした。

途中から二人とも気付いてましたが(笑)

 

ただ、びっくりしたのが

ハーモニカ食い

してました。

 

IMG_1871

この鯉どんだけ本気なんでしょうね(笑)

 

鯉が釣れたことから、癒しタイムは終わりにし、

違う釣りへシフト。

 

岬や岩盤を狙いに行きます。

流木が多数浮いていますが、それをかわしながらテンポよく打っていきます。

 

デカイの来ないかな〜?

と釣りをしないで見ていると

 

Dさん:プレッシャー感じるんで釣りしてください(笑)

 

私:はい(笑)

 

私のプレッシャーの効果なのか?

その後、調子よく何本も掛けますが、全てはボート際での無念のバラシ。

途中良さそう?なサイズもいましたが、残念ながら途中でおかえりになられました。

 

 

そして、水面にギルが見えたので、もしかして?

とギルを意識してのアピールをしたところ、

 

IMG_1878

 

40upのいいサイズが出ました。

なかなかの体高で迫力ありましたよ。

IMG_1875

 

 

その後も打ったり巻いたりしますが、調子は上がらず、

子バスのみでいいサイズはバラす結果に。

 

 

まあそういう日もありますね。

魚は掛かってるんで間違ってはないと思います。

 

 

と、休憩を挟み、再度癒しのポイントへ。

 

やっぱり癒しポイントは好調で

IMG_1885

 

IMG_1884

 

可愛いサイズですが、マイキーにガンガンアタックしてきます。

躱マイキーは無視、マイキーは大好物。

好調とはいえ、やっぱりルアーは選んでますね。

 

ちょっと遊びで懐かしのルアーでも

IMG_1869

ジャッカルのバニー。

タイミングもありますが、

ラッシュになるとこう言う遊びも可能です。

 

管釣り状態ですね。

 

そうこうしたとこで、タイムアップ。

本日の最大魚はロクマルの鯉でした。

今の所このボートの最高記録かな(笑)

 

ちょっと羨ましい宮崎でした。

 

 

帰り際スロープでマムシ発見!

IMG_1886

かっこいいけど歩く際はお気をつけくださいね。

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

今回活躍したOSPのブリッツ。

固定重心で泳ぎ出しがよくサイレントのため波動で食わすクランクです。

 

にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

 

 

バス釣りをもっと楽しみたい人必見のメルマガ

バス釣りって情報が多すぎて結局何から始めていいか

解りにくくないですか?

 

よくある雑誌を見ても・・・

 

・ほとんど広告

・〇〇メゾット

・BFC(ベイトフィネス)

・〇〇チューン

・専門用語全開

・細かすぎて難しい説明

 

〇〇理論、〇〇釣法とかいろいろありますが、

結局自分の好きな釣り方で釣れたらそれが一番楽しかったりします。

 

自分の好きな釣り方を見つけるには魚の生態、

季節に合わせた行動さえ知っていれば

あとは自然と釣れるようになってきます。

 

一時の短期的な釣り方ではなく、

本質的なことを知るだけで長く釣り続けることができます。

 

あとはメルマガにて順次お伝えしますが、

釣りってすごくシンプルでいいんですよね。

一緒に魚を釣りまくりましょう!

 

※不要な場合は即解除もできます。

試しに1、2通読んでみてください。

 

有料にて販売予定の教材を

今なら無料でプレゼント中です!

 

ブログ文字挿入用1

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ