今日のゲストさんは夫婦でバスフィッシング!

こんにちはNFGです。

 

珍しくと言いますか、初めてなんですが本日は夫婦での

釣りガイドの依頼をいただきました。

 

市内から来てくださったO夫妻

普段から夫婦で釣りを楽しんでらっしゃるそうで

夫婦で共通の趣味とか実に羨ましいというのが本音です(笑)

 

釣りガールが流行っているとは言っても

まだまだ釣り人は男性が多いですからね(笑)

 

 

IMG_1860

この日は6:30頃出船し、前回と同じような雰囲気に。

 

当のボートは定員が2名のためこの日は交代で乗船していただきました。

「朝のいい時間に行っておいで〜」

という旦那様の優しい言葉で最初は奥様からスタート。

 

 

釣りをしているだけで楽しいということでしたので、数釣りの癒しエリアにご案内。

まずは手持ちのルアーからチョイスし投げていただきます。

 

やっぱり自分のルアーで釣れたら喜び倍増ですからね。

ということで釣り始めますが、気配はあるもののなかなか口を使わない。

 

使用ルアーはシャッドでしたので潜りすぎ?と思い

ミノーにチェンジ

していただいたところ、

 

IMG_1888

 

すぐさまHIT!

アベレージサイズですがよく引いたいい魚でした。

 

普段天竜川で釣りしているそうですが、

天竜川の魚よりも傷がなくキレイだそうです。

 

確かに、小渋の魚は初めて釣られた?っと思うほどキレイな魚が多いですね。

これもスロープ解放期間という禁漁みたいなののおかげですかね。

 

 

私も投げてみたところ

IMG_1892

ボートの際30cmくらいでヒット!

ボートがストラクチャーになってましたね(笑)

 

タイミングもありますが、癒しエリアの楽しみ方が解ってきました。

この他にもワーム系などいろいろ投げましたが、反応はしませんね。

魚はいるけどなんでも釣れるってわけではなさそうです。

 

そこから場所を変えて、

ダムサイト側へ。

高確率で魚がいるエリアへ入ると

 

IMG_1894

2、3投目?くらいでしたか、速攻で釣れました。

サイズは37cm。

 

今日一番のサイズです。

しかもお手持ちのルアーで釣れたのでさらに喜んでいただけました。

 

今度は旦那様と交代です。

まずは先ほどと同じダムサイト側へ入ると

すぐにHIT!

 

結構魚いると思った矢先にポロっとルアーが外れ無念のバラシ。

 

確かここは前日もバラシが多発した場所。

何かあるな・・・(笑)

 

さあ、気を取り直して今度はマイナスイオン(そういえば最近言いませんねw)

たっぷりの滝周辺へ。

 

イオンの効果はどうであれ、滝の音と雰囲気で確実に癒されますね。

私、1日居られますよ(笑)

 

 

そんな癒しの滝エリアを責め始めたところ、サクッと一本釣れました。

 

IMG_1902

可愛いサイズですが、キレイなバス。

手が大きいのでさらに小さく見えちゃいますね。

 

 

ここでお昼のため一旦上陸し、午後の部へ。

太陽も出ていることから湖流をメインに散策すると・・・

 

 

午前よりもややサイズアップした個体が。

IMG_1904

 

しかし、なかなか反応が鈍い。

 

なんとかサイズアップしたいところです。

浮きゴミ(流木)打ちや深いところなど手を出しましたが、

いまいち反応がなく、風が吹いたタイミングでバックウォーターへ。

 

どんどん風が強くなりキャストも操船も辛くなった頃

フとした時にゲストさんの竿がしなり

クランクベイトに最後の一本が出ました。

 

IMG_1912

サイズは35cmくらいでしたが終了間際でのHITでした。

 

その後風がどんどん強くなったところでタイムアップとなりました。

IMG_1906

言い訳になっちゃいますが、日中はやっぱり難しくなってきますね。

その分攻め甲斐があったりしますが、そこがバス釣りの楽しいところでしょうか。

 

ということで、今回は夫婦でバスフィッシングを楽しんでいただきました。

同時にというわけにはいきませんが(ガイドに空きがあれば可能です)、

交代で楽しんでいただくこともできますのでお気軽にご連絡ください。

 

今年も小渋ダムガイドは9月末で終了となりますので気になる方はご連絡ください。

暑い日に湖上でキンキンに冷えたラムネとか最高ですよ。

IMG_1882

ってバス釣り関係ないですね(笑)

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

宮崎

 
ブログ村にエントリーしています。

こちらポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ