ミノーで狙う秋のバス釣り

こんにちは。

NFG宮崎です。

 

つい最近スロープ解放したと思ったのに、

先日10月5日をもって今年の小渋ダムのスロープ解放が終了しました。

 

6/11小渋ダムついに解禁です!

来年の6月まで長いですがじっと我慢したいと思います。

小渋ダムでボートが出せるのは6/10〜10/5までと非常に短い期間だけです。

 

その代わりに魚も休めて綺麗な魚が育つので、そう思えばなんとか我慢もできそうです(笑)

 

 

劇的に変わった小渋ダム

天竜川に行くことが多く、1ヶ月ぶりのホームレイクは

 

9mの水位上昇

いたるところに冠水ブッシュ

 

と夏場とはまったく違う湖になっていました。

 

解禁時の小渋ダム

IMG_1860

岩肌丸出しで荒れた荒野って感じです。

 

10月現在の小渋ダム

img_2863

img_2832

でかい野池?カバーだらけで見るからに美味しそう。

 

ここは亀山ダムか?なんて思ってしまうくらい別世界に。

亀山ダム行ったことないけどw

 

 

思い切り迷子になる

久しぶりのホームでしかも普段無いカバーのパラダイスとなったら

もちろん狙うでしょ!

 

ということで目に見えるカバーをひたすら手を出したところ

ドツボにはまる・・・

 

ええ、解ってるんです。

 

ひたすらカバーを打ってもダメなことは。

カバーでもちゃんと見極めないと。

 

 

でも狙っちゃうんですよね。

全部よさそうに見えるし、何よりカバー打ちは楽しいからw

 

img_2861

 

そんなこんなで時間だけが過ぎていき、

この日は冠水ブッシュに絡まない魚をルドラでキャッチして終了でした。

img_2848

 

それでも好むカバーと好まないカバーのヒントは

なんとなく解った?ような気がしました。

 

 

スロープ最終日

悔しいので1週間後の10月5日のスロープ最終日にもう一度出撃。

 

この日は上流側からのスタート。

img_2857

前回の失敗を活かし、カバーは選んで釣ってみることに。

 

 

時合?入れ食いが起こる

 

好まれない?カバーも一応軽くチェックはしますが、やっぱり反応はなし。

 

地形やベイトも見ながら好まれそうなカバーに狙いを絞り、ミノー(OSP阿修羅)をキャストしたところ

 

いきなりのヒット!

目測40くらいで最初の一本でしたので慎重にやりとりをしていると・・・

まさかのエレキの配線にルアーが引っかかり目の前でバラし。

つかもうと手を伸ばすと、魚にワンタッチだけできましたw

 

 

すぐさま同じラインにキャストすると

ドンッ!

 

img_2864

 

 

小さいですが、サクッと一本。

ソフトなトゥイッチ後のポーズでした。

 

 

続いてもう一投。

 

4v3kfv6gofrtrok1475935253_1475935281

 

気持ちサイズアップです。

こちらも、チョンチョン・・・ドンッ!でした。

 

ミノーのアタリっていつやっても気持ちいいですね♪

 

ここで相方にも39cmのいいサイズが。

img_2882

シャッドっぽいワームでした。

 

これを真似し私もOSPハイカットを投入したところ

img_2871

サイズは下がったもののもう一本追加。

ネットに入れると管釣りぽくなりますねw

 

短時間で立て続けに釣れました。

 

 

バスがなる木

前回はたくさん生えてる水没したアカシアの木をメインにしてました

(たくさんあるから狙っちゃうんですよね)

が、この日はアカシアは無視して水没した広葉樹を狙いました。

img_2864

後ろに写ってるやつですね。

 

アカシアはトゲがあるのと葉っぱがすぐに取れるので

良くないかなと。

 

ブッシュ単体で見たらアカシアは✖️かもしれませんが

決定的なポイントは他にもありそうです。

たぶん湖流がキーですね。

 

というか単に攻めきれてないだけだと思いますが。

 

 

反応がなくなったので別のポイントへ。

普段苦手でできないやらない深いポイントをやってみます。

7m前後のブレイクやフラットエリアを珍しく丁寧に繊細に・・・

 

 

な〜んて普段やらないので出来るはずもなく15分くらいで飽きるw

日頃やらないことはいざってときでも出来ませんね。

 

気を取り直し、前回ルドラで釣ったポイントに入り

阿修羅で30cmくらいを追加。

 

なかなかビッグワンが出ません。

 

 

最初のポイントに望みをかける

残り時間も少なくなったので最初の冠水広葉樹へもう一度入り直します。

 

距離をとって打っていくと、

相方のOSPヴァルナにすぐにヒット!

が乗らず。

 

そのあとも投げるたびに魚の反応はありますが、なぜか針にかからない。

ん〜不思議だ。

 

私も阿修羅を投げると

 

チョンチョン・・・

 

 

ドンッ!

 

 

img_2875

 

40UPが一発で食いました。

しっかりハーモニカ喰いしてましたのでバレません♪

 

この魚を最後にストップフィッシング。

結局反応はあるけど相方のルアーには乗らず、悔しい最後となりました。

 

釣れる釣れないの違いは?

明確な違いはわかりませんがこの日の二人の違いを見てみると

 

私 :フロロライン + 阿修羅(SF仕様)銀鱗メッキ

相方 :ナイロンライン + ヴァルナ(F)アイスシャッド

 

カラーは似たような色でしたので、きっと阿修羅の方がSF(スローフローティング)の為

魚が吸い込みやすかったんかな。

 

ということで小渋ダムの2016年は終了です。

 

もっと釣りしたい!全然釣り足りない!

という状態で釣りって終わるのでいつまでも完結しませんね。

そこが面白いところかな。

だからこそ時間を忘れて釣りしちゃうんでしょうね。

 

来年はどんな釣りができるのかな?

今から楽しみです。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

ランキングに参加中です。

いつも押してくれてありがとうございます!

にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ