ラインの大事な心得

はい、おはようございます。

いろいろと脱線してしまい、タックル講座がおろそかになっていましたね(>_<)

何事もフワフワとゆるく楽しく…

そこがNFG宮崎の長所ととらえてもらえたら…(笑)

 

 

そ~んなゆるゆるの私ですが、釣りの時は人一倍気キッチリしていることがあります!!

 

それは

 

「ラインチェック」

 

 

こっちではなく、釣り糸の方ですねw

 

もっと大切なアングラーの生命線、ラインの事です。

ついつい釣りに夢中になったり時合が来るとキャストが優先してしまいますが、

そういうときこそ要注意!

常にさわる癖を付けてくださいね。

 

●魚を釣ったあと

●根掛かりのあと

●カバーを攻めたあと

●数回投げたあと

●キワッキワを攻めた時

 

めんどくさいけど触ってみると意外と傷になってたりします。

 

 

やべーチェック忘れた~。

まあ大丈夫か。

 

そんなときこそヤツ(大物)は来るものです!

 

ラインの強度は水に着いたり紫外線に当たった時から劣化が始まります。

傷が有れば強度はもう半減してるよ思った方がよいですね。

ここ一番で泣きを見ないためにも是非ともやってみてください。

 

ちなみにやり方は

ラインを軽く指でつまんでスルスルーっと滑らせます。

この時少しでもザラッとしたら即結び直してくださいね(^_^ゞ

 

スナップを使う方はどうしても確認がおろそかになるので要注意ですよ。

私もスナップ使いますが、定期的に結び直してます。

 

ラインブレイクはアングラーにも魚にも、環境にも優しくないです。

良いこと無しw

 

更にバラすと場の魚にも悪影響で釣果にも響きますね・・・

 

ということでラインチェックをしっかりして、他いっぱい釣ってください〜。

 

NFGでした(^_^ゞ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ