川でより釣るために!川を有利に攻めるアイテムとは

魚介類が主役の「ace of seafood」という日本初のゲームが全世界に配信!

魚とかイカはビームを、カニはビームサーベルを駆使して漁礁を制圧するとかw

魚類好きとしては、妙に興味をそそりますw

 

 

こんにちは、NFGです。

川で釣りをするとき、近づけないポイントを見て

「あそこに絶対魚いるよ」

なんて思ったことありませんか?

 

堰の下のある一箇所だったり、流れの反対側だったり。

そういうポイントは結構あったりします。

 

 

そこをいかに攻められるか!

そこが川で釣果を伸ばすコツだったりします。

(川でなくてもそうですが)

 

率直に言います。

ウェーダーを履こう!

です。

 

長靴でなく、ウェーダーです。

 

トラウトをやられる方にはお馴染みですが、バス釣りをする方にはまだまだ少ないと思います。

が、実際履いてみると川ではすごく調子がいいですね。

 

 

濡れないし、責められるポイントも増えます。

責められるポイントは長靴に比べてたぶん5割は増しになりますね。

 

人の責めないポイントを攻める!

これは釣果を伸ばす上で必須ですね。

 

現在増水中の天竜川。

ウェーダーを履いたから行けたポイントで出た一本。

IMG_0781

 

大きくはないですが、ウェーダーがなければ間違いなく釣れてない魚ですね。

他にもウェーダーがあればルアーの回収に少しでも根掛かりポイントに近づくこともできます。

 

そのおかげで回収できたルアーは数知れず。

川において行動範囲が増えることはかなりのメリットがありますね。

ウェーダー5000円としてルアー3個回収すれば十分元は取れてるんじゃないでしょうかね。

私はすでに数十個は回収できてます。

 

ということで、川釣りにおいてウェーダーは竿、リールに続く必須アイテムだと自負しています。

 

ちなみにウェーダー使用の注意点としては、あまり深く立ち込まないことですね。

水流は意外と強いので事故防止のためにも胸まであるウェーダーでも入水は膝までにするのがオススメです。

 

 

今日も最後までありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ