天竜川釣りガイド報告 5/4

こんにちは。

NFG宮崎です。

 

GW真っ最中の5/4天竜川でガイド出撃してきました。

 

最初のポイント

ゲストさんが今年初釣りという事で、最初のポイントは生命感があり根掛かりもしにくいポイントへ。

釣れそうな期待とリズムを考えて選びました。

 

水温は14℃と少し低めですが最近良いのも釣れたんで確率を上げるためテンポよく探って行きます。

 

釣り始めて最初にビックリしたのがキャストのフォームと精度。

一年ぶりにお会いしましたが、めちゃくちゃ上達してます!

 

毎週琵琶湖に通われてたそうで、それは上手くなりますね^ ^

しっかり竿を曲げてブレないキレイなキャスティングでした。

 

やっぱり時間に勝る練習法はありませんね。

 

サクサク攻めていきますが、イマイチ反応がありません。

他の魚は居るんですけどねえ。。。

 

 

高水温を求めて。

水温が低いから?そう思い水温の高い場所へ動きます。

釣れない時は釣れない原因を少しずつ潰していきます。

釣れないっていうのもヒントですからね。

 

移動しながら岩と岩の間をしっかり通します。

攻めないと釣れないし、攻めすぎると根掛かる(笑)

なんとも微妙な釣りですが、その駆け引きが楽しい(笑)

 

ついに1本目!

そうこうしてると今日の1本目ついに来ました!

激しく曲がる竿にかなりの大物の予感。

抜き上げ無理なサイズなので川に入りなんとかネットイン!

 

めっちゃ重い〜!

 

お腹パンパンの見事なコイでした〜(笑)

狙いの魚ではありませんが、羨ましい魚です。
(魚が好きすぎて何が釣れても喜べるようになってますw)

 

その後、

このコースどうです?

ここはアツそうですね。

 

二人で考えながら私も投げさせてもらい探ってみると、岩陰から飛び出して来たのは可愛いヤングマン。

結構岩にタイトに付いてました。

 

 

そのヒントを活かしゲストさんにも投げてもらうとHIT!

おっ!と思ったのもつかの間、水面から出た途端に外れてしまいました。

ん〜残念。

 

 

それでも反応するのがわかったのでじっくり丁寧に攻めていきます。

 

 

一つのポイントに対し、様々なコースで攻めて行きます。

しかし、なぜか魚からの反応はなく、時間だけが過ぎて。。。

 

流れを変える

釣れない流れは殺気を生みますので、一旦気持ちをリセットするためお昼をとり流れを変えます。

 

こういうメンタル的なものも釣りには大事ですね。

 

お昼をはさみ、水温が上がったと思われる朝のポイントへ入りなおします。

水温は16°Cと少し上昇。

一発出るか???

と思いましたが、私の方に一回アタリがあっただけで、釣果にはつながりません。

なかなか思う様に行きませんね。

 

連休中ということもあって人気のポイントは入る隙間なし。

 

ということで、今度は一気に大きく移動し、別ポイントへ。

時間的にも最後のポイントということで、ドラマフィッシュ来い!!!

っと期待し何度もキャストを繰り返します。

 

普通ならここで最後のドラマがありますが、そこはやっぱり自然。

時間だけが過ぎてしまい無念のタイムアップとなってしまいました。

 

結局朝のデカイ鯉のみという釣果に・・・

 

自然相手とはいえ、悔しい結果です。

 

でもでも、釣れない時こそいろいろ考えたり工夫することができます。

それがレベルアップにもつながります。

 

私ももっと修行し、いろんなパターンに対応できる様努めたいと思います。

毎回良い時ばかりじゃありませんからね。

だから釣りは面白いし夢中になっちゃいます。

 

次はこうしよう、ああしよう。

あそこでこれ使ったら・・・

 

そう考えたらワクワクしますね。

 

逆にゲストさん釣り熱がさらに加速したんじゃないでしょうか。

 

天竜川はまだまだこれからですよ〜。

 

 

それでは今日も読んでいただきありがとうございました〜。

NFG宮崎

 

ブログ村にエントリーしています。こちらポチッとしていただけると嬉しいです^ ^

にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ