【千曲川のバス釣り】安定したバスの釣り方はあるのか?

こんにちは。

NFGの宮崎です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2016年6月上旬、千曲川へバス釣りへ行ってきました。

長野県でバス釣りをして長いのですが、千曲川でのバス釣りは意外に初めてです。

 

地元の天竜川でも立派なバスが釣れるため、特に千曲川へは足が向かない。

そんな理由でしたが、ちょうど誘っていただいたんで初の千曲川へ行ってきました。

天竜川オカッパリガイド〜グッドサイズでました☆

 

千曲川のポイント

IMG_1292

以前からメジャーフィールドなので、改めて書いても今更感ではありますが(笑)

千曲川が初めてなので、なんとも言えませんが、今回行った千曲市や更埴周辺では問題なく釣れました。

どうやら上流の佐久方面にもいるみたいなので、ポイント次第ではどこでもバスはいるのかな?っというところです。

鉄板のポイントは流れの当たるテトラ帯や岩場ですね。

他には川がベント(曲がって)している内側に深みのがあればいいんじゃないかな?っとも思いました。

瀬でも釣れたし冬場以外ならどこでも居そうな雰囲気でしたね。

 

行かれる際はそんな所を探してみて下さい。

釣れた時は見つけた喜びと合わせて気分も上がりますよ。

 

千曲川釣行

1日を軽く振り返ります。

 

朝一は有名な旅館の前のポイントへ。

有名なだけあって平日なのに常に数名 の釣り人がいました。

ここでは残念ながら釣れませんでしたが、同行したTさんが25cmほどのやつをジグヘッドで一本。

 

対岸へ移動して(川幅があるので全く別のポイントっぽいです)足元の岩場で私にも同じくらいのが一本!

IMG_1286

25cmくらいですが、千曲川初なので嬉しいです。

 

小さいのが足元で続いたので、大きいのは流れの中か?

ということで、より流れているところにシフトしてスピナベにて探ると・・・

 

すぐに出ました!

IMG_1293

若干サイズアップしましたが、30超えたくらいとまだまだな感じ。

でも丸々してて重たかったですよ〜。

IMG_1295

 

 

 

その後はポイントを移動し、今度は橋脚下へ。

IMG_1296

写真には写ってませんが、右側に瀬と淀みが合わさったポイントがあったので

テキサスをコロコロと転がしていくと・・・コンッ

 

ズシっ!

っと急に重くなりバイト!

 

重さからして結構なサイズ感が期待できそう!

 

 

 

が上がってきたのはこんな人(笑)

IMG_1298

今日一番の小ささ(笑)

流れの中で見誤りました。

ワンナップシャッド5インチでしたがよく針にかかったな。。

 

結局ストラクチャー、流れ、瀬と3パターンで釣りましたが、

どれもイマイチなサイズでしたが、流れの中が一番期待できそうなので

流れに的を絞り他は一切捨ててこだわると・・・

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1438

案内役のTさんに41cmのナイスサイズ!

足元の岩場で釣れたそうです。。

 

こんなところ↓

IMG_1290

 

小さいのしかいないと思っていたら大誤算でした。

 

それでも流れにこだわり続けていると・・・

 

キタッ!

 

 

 

IMG_1437

もう一人の同行者Mくんにも40up!

 

Mくん「足元の岩場でした!w」

 

私「・・・」

 

意地ははるもんじゃないですね。

もう完全に空回りもいいところでしたね(笑)

 

その後は流れの中でニジマス(バラしw)を追加で千曲川釣行は終了です。

我ながら不甲斐ない結果でした(笑)

TさんMくんは満足のいく結果でよかったんじゃないですかね(^ ^)

 

今回釣れた釣り方

テトラや足元の岩場

ジグヘッドが喰わせやすく、フワフワさせるよりシャッドシェイプでストーンっと落としてのリアクションぽいのが効いたような感じでした。

サイズと数両方とも今回一番釣れた釣り方でした。

多分安定して釣れる釣り方だと思います。

キモは流れが当たるかどうかですね。

堰下などの流れの中

スピナベが使いやすく今回使用したのはノリーズのウィンドレンジ3/8(ホワイトクリスタル)。

視認性が良いのでこの色にしました。

ウィンドレンジは私の一番好きなスピナベですね。

流れがあるのでブレードはコロラドよりもウィロータイプが抵抗が少なくうきあがりも抑えられて使いやすいです。

●より浅い瀬の流れ

こちらは根掛かりを少なくするため軽めの(1/4oz)テキサスなどで転がしました。

目立つようにとサイズを絞るため大きめのワームを使用しましたが、釣れたのは小さかったので微妙です。。

 

 

まとめ

個人的な感想ですが、時期的にもどこでも魚は釣れる感じなので何をしてもいいのかな?っという感じです。

ただ、バイトがあった全てボトム(底)に関係してますのでこちらは天竜川と同様にボトムを意識するのは必須なのかなという印象です。

それと意外とボトムの凹凸が少なく(沈んだ石が小さい)パッとしない雰囲気です。

根掛かりは少ないのでストレスは少ないですけどね。

流れで釣れで釣れにくいのはそのためかもしれませんね。

 

っということで初めての千曲川釣行でした。

たった1日なので信憑性は低いのですがちょっとでも参考になればありがたいです(^ ^)

 

 

バス釣りをもっと楽しみたい人必見のメルマガ

バス釣りって情報が多すぎて結局何から始めていいか

解りにくくないですか?

 

よくある雑誌を見ても・・・

 

・ほとんど広告

・〇〇メゾット

・BFC(ベイトフィネス)

・〇〇チューン

・専門用語全開

・細かすぎて難しい説明

 

〇〇理論、〇〇釣法とかいろいろありますが、

結局自分の好きな釣り方で釣れたらそれが一番楽しかったりします。

 

自分の好きな釣り方を見つけるには魚の生態、

季節に合わせた行動さえ知っていれば

あとは自然と釣れるようになってきます。

 

一時の短期的な釣り方ではなく、

本質的なことを知るだけで長く釣り続けることができます。

 

あとはメルマガにて順次お伝えしますが、

釣りってすごくシンプルでいいんですよね。

一緒に魚を釣りまくりましょう!

 

※不要な場合は即解除もできます。

試しに1、2通読んでみてください。

 

有料にて販売予定の教材を

今なら無料でプレゼント中です!

ブログ文字挿入用1

 

by カエレバ

 

2 Responses to “【千曲川のバス釣り】安定したバスの釣り方はあるのか?”

  1. 通りすがり より:

    千曲川でのバス釣りには遊漁証は必要ですか?

    • 南信FishingGuide より:

      通りすがりさん初めまして。

      千曲川での釣りですが、遊漁対象魚が釣れる可能性があるので
      遊漁料は必要となります。
      日釣りは500円と安いですが、頻繁に行かれるようでしたら年券を購入した方がかなりお得ですね。

      http://www.kiddy.co.jp/ayunip/nagano/tikuma_new.html

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ