バス釣り用ワームの種類の紹介

こんにちは。

南信フィッシングガイド(NFG)宮崎です。

 

 

今日からはバス釣りに使うワームについて語りたいと思います。

 

【ワームとは何?】

 

ワーム、これはソフトプラスティックルアー(ソフトルアー)とも言います。

 

ワームと一口に言ってもかなりの数があり、色んなメーカーから常に新しい物が出ているのですべてを紹介するのはほぼ不可能です。

 

なので、おおまかなカテゴリーや有名どころなどで紹介したいと思いますね。

 

ワームのカテゴリー

 

ワームは樹脂製なので、その形に自由度が高くいろんな形があります。

同じカテゴリーでもメーカーによってコンセプトも違うので細かな使い分けが可能です。

使っていくうちに自分にあったものや自分だけのシークレットな使い方など発見できるようになります。

まずは第一歩となるカテゴリーの把握からしていきましょう。

 

●ストレートタイプ

IMG_1568

ご覧の通りシンプルな真っ直ぐな作りですが、シンプルゆえに使い方次第で

いろんなものにイミテート(似せる)させることができます。

魚系、エビ系、虫系など大きさや色、動かし方に変化を加えて使います。

サイズも様々で3cmくらいのものから30cmくらいのめちゃくちゃ長いものまであります。

 

グラブ

IMG_1571

短いボディにテール(尾)が付いたタイプ

水の抵抗を受けてテールが動き魚を誘います。

スタンダードなワームと言えるくらい有名なワームです。

ストレートワームとグラブが融合した「カーリーテール」なんて種類もあります。

 

カットテール

IMG_1578

ストレートワーム+グラブのカーリーテールからテールを少しだけ残した(カットした)タイプのワームです。

小さいテールが細かく動きグラブやストレートとは違った動きが出ます。

また、テールの動きがボディにも伝わり全体が震えて動きます。

ストレートワームに似たような使い方ができますがアピールが若干異なりこれにしか反応しないこともありますね。

フォール(落下)で使うとテールを振りながら沈みます。

 

 

 

 

●クロー系(ホッグ系)

IMG_1572

ザリガニなどの甲殻類を模した種類です。

そのまま使ったりラバージグと一緒に使ったりします。

カバーに入れたり、テトラや岩の隙間やウィード(水草)

に絡めたりします。

デザインにとっては反対につける(頭から針を刺す)と後ろへスライド(バックスライド)して落下させることができよりカバーの奥へ入れることもできます。

 

●シャッドテール

IMG_1569

グラブと同じように水流を受けテールが動きますが形が違うので

ピリピリとした魚に近いテールの振り方をします。

テールの振動がボディに伝わりくねらせたり震えたりしてアピールができます。

ボディ形状の違いで動きも変わってきます。

水面引きやカバーの中、ラバージグトレーラーなどいろいろな使い方ができます。

個人的にはグラブよりも信頼していますし釣果も高いです。

 

 

他にも

IMG_1574

イモグラブと言われるグラブのテールをちぎったボディだけのワームもあります。

実際釣れなさそうにも感じますが、しっかりと釣れますし空気抵抗が少ないのでよく飛びます。

ワームもパーツがたくさんあれば良いわけではないんですね。

 

変わり種

IMG_1576

イモグラブにスカートが付いたファットイカ(写真下)やたくさんのパーツが付いたクロー系がミックスしたようなものも。

 

シザーコーム(気持ち悪い系)

IMG_1573

他にもシザーコームという不思議な形をしたワームもあります。

何を模したかわかりませんがよく釣れるワームですね。

 

デスアダー

IMG_1587

スティック系のボディに細いテールが付いたタイプのワームです。

テールが小刻みに震えたりと他のワームにない動きが出ます。

よく飛びいろんな使い方ができるので重宝します。

 

 

 

ワームはブラックバスだけじゃない!

 

実のところワームはブラックバスだけじゃなく

メバリング(メバル)やアジング(アジ)、クロダイやシーバスなどの海の魚にも

使われています。

同じデザインでそのまま使えたり海用のカラーがあったり。

それだけワームは釣れるってことですね。

 

 

まとめ

ワームは様々な種類がありいろんなデザインがある。

100%釣れるものはなく、その場その場での使い分けが重要です。

 

結局のところワームのデザインは人間が考えて作ったものなので

魚からはどう見えているかわかりません。

逆に使い方次第でどんなものにも変化させることができます。

 

見た目もそうですが、動かし方を普段食べているものに合わせるだけでも

釣れ方が全然違いますのでワームの世界も奥が深いです。

 

 

 

 

 

ということで今回はワームの紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

NFG

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ