スピナーベイトの

どうも、おはようございます。

 

なんかスピナーベイトネタが続いておりますね(笑)

少しでもお役に立つことを祈ります(笑)

 

さて、スピナーベイトはブレードにより違いがありますが、波動フラッシングのほかに無視できないことがあります。

 

それは、ブレードによる「揚力」です。

 

これは引き抵抗に比例すると思いますが、上に上がる力ですね。

揚力の強さ

コロラド > ウィロー

 

リップのついたルアーは巻くほどに沈みますが、スピナーベイトなどはブレードの揚力で上に上がっていきます。

これにヘッドの重さも加わりキープできる水深が変わります。

 

前回の巻きスピードと関係しますが、一定のレンジをキープするとき、この揚力も考えてルアーをセレクトするとストレスが少なくなりますよ。

 

仮に同じブレードと巻きスピードでもヘッドの重いor軽いでは泳ぐ水深が全く変わってきます。

逆に同じ重さのヘッドでもブレード形状でも変わります。

 

ブレードだけでもまだまだ秘密があり、アームの形状や素材、太さでも違いが生まれます。

 

ルアーひとつとってもこれだけ幅があるのでルアーって奥が深いし面白いですね~(≧∇≦)

 

そういえば過去にブレードがカーボン素材のスピナーベイトがありました。

その後見ないってことは・・・(-_-)

 

最近の変わり者といえばこんなスピナーベイトでしょうか?

使ったことが無いので何とも言えませんが、フラッシングすごそうですね(笑)

 

wpid-puffer-1.jpeg

 

 

 

 

 

 


下記フォームの登録でバス釣りシーズナルパターンレポートプレゼント中です。

*メールアドレス
名前
好きな釣り

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ