巻くだけで釣れる!クランクベイトについて

 

こんにちはNFG宮崎です。

 

バス釣りする人なら大抵の人が知っているほど代名詞的なルアーのクランクベイト。

私の大好きなルアーのひとつです。

今回はその説明と使いどころの紹介です。

 

クランクベイトはこんなルアー

まん丸ボディーでリップ(ベロ)がついたいかにもルアーって感じです。

浮く(フローティング)タイプのルアーで巻けば潜り、止めると浮きます。

リップの角度で潜る深さが変わりますので地形や狙う水深によって使い分けます。

 

 

主な特徴

ルアーを引く事で、リップに水流受け、潜りつつお尻を振りながらブリブリ泳ぎます。

この時の音や水押し、視覚的なアピールで魚を誘います。

 

リップやボディーの形状によって泳ぎ方が変わってきますので、

いろんな形状のクランクベイトがあり見るだけでも楽しいです。

中古釣り具屋さんとか行くとめちゃくちゃ置いてあるので見てみるとわかると思います。

基本的にはリップが大きいほど(長い)と深く潜り、小さく角度が付いているとほとんど潜りません。

 

ここまでリップが立っていると全然潜りませんw

でも使い方次第ではすごく釣れます。

 

SR:シャロークランク(浅い)

MR:ミディアムダイバー(中間)

DR:ディープクランク(深い)

など、潜行深度によって大体の目安ができます。

ルアーのパッケージにも書いてあることが多いので参考にしてみてください。

 

また、ボディーも大きくなるほど浮力が上がるので止めた時早く浮き上がります。

 

フィールドの状況をみて、リップ形状とボディーのバランスを考え使い分けたりします。

浅い池ですごく潜るタイプを使うと底を叩きすぎて使いにくいとか、

魚の居場所が深いのに全然潜らないタイプを使うとアピールできず効率が悪いとかそんな感じです。

 

使い方と使いどころ

基本的には投げて巻くだけです。

リップのおかげで一定の水深をキープ出来るので狙いたいレンジがあればそこを引けるルアーを選ぶだけです。

オートマチックです。

 

1mを狙うなら1mくらい潜るタイプ。

2mなら2m潜るタイプというように選びます。

狙いよりも少し潜るタイプを使いたまにボトムに当てるなどの使い方もできます。

早く巻く、ゆっくり巻くなどで水深の微調整もできますね。

 

また、巻くのを止めると浮いてくるため、何かに引っかかった時に

止めるとそれだけで根がかりしないで交わしてくれたりもします。

 

その止めた時の「間」で魚が食いつく事もあります。

基本投げて巻く、止めるといった動作を繰り返して使っていけば問題なく釣れると思いますよ。

使い方応用編

ただ投げて巻く。

とてもシンプルですが、実はこういったシンプルなものこそ奥が深い事って多いです(笑)

時として投げて巻くだけなのに釣れる人釣れない人がはっきり分かれたりもします。

 

シンプルに投げて巻くって動作の中に見えない部分があって、

・巻いてくるコース

・巻くスピード

・止めるタイミング

・巻き始めのタイミング

・竿やラインの関係

 

などに秘密があります。

その時によって違いますのでなんとも言えませんが、釣りを重ねて経験を積むと

なんとなく身についていくと思います。

 

ただ投げて巻く動作の中にコースやスピードなどをいろいろ意識して

何匹か釣ると見えてくるものがありますよ。

 

 

おまけ リップ形状での使い方の違い

クランクベイトのリップにはラウンド、クエア、コフィンという3種類のリップがあります。

左からラウンド、スクエア、コフィンリップです。

ラウンドリップは障害物などをタイトに攻めやすい形

スクエアは障害物に当たった際はねるように交わします。

コフィンは両方のリップの中間といったところでしょうか(笑)

 

障害物の多い浅いような場所で使う場合、スクエアかコフィンが引っかかりにくく釣りやすいですね。

野池とかならOSPのブリッツは鉄板ですね。

投げて巻く、を繰り返していけばどこかで釣れます。

そして、「こういうことか」となんとなく腑に落ちてきますよ。

 

 

でも好きなルアーを臆せずガンガン投げることが一番いいかもしれませんね。

釣れたとき嬉しいし(笑)

 

ということでシンプルな巻くだけのルアーですがとても奥の深いルアー、クランクベイト。

私もまだまだ未熟者。

色んな引き出し探していきましょう!

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

NFG宮崎

 

 

ブログ村にエントリーしています。

こちらポチッとしていただけると励みになります。

にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ