ラインの特性を知る①〜ナイロンラインについて

おはようございます。

NFGです(^^)

 

今日からは複数回に分けてラインについての記事を書いていきます。

たかがライン、されどライン。

釣り人にとって命綱とも言える魚と釣り人をつなげる再重要なものです。

ダウンロード (1)

 

いろんなタックルに気を使うけど、実際ラインが魚とアングラーを結んでくれてるので、

めちゃくちゃ重要ですね。

ここに細心の注意を払う人も結構多いのではないですか?

 

それほど重要なものになってきますのでしっかりと理解していただけたらなと思います。

 

ラインの種類

その大事なラインですが、主に3種類あります。

そしてそれぞれ用途も変わってくるので違いを知り使い分けるととても釣りが快適になりますよ♪

●ナイロンライン

●フロロカーボンライン

●PEライン

 

釣具屋さんでも良く見かけますよね。

一般的なのはこの3種類ですね。

実際どう違うの?っと良く聞かれるので一つずつ書いていきますね。

 

ナイロンラインについて

 

誰でも一度は使っていると思われる程、とてもなじみのあるラインですね。

糸付きのリールを買った時付いてくるのは大抵ナイロンです。

安いものから高いものまでピンキリです。

 

安いものはホームセンターとかで600m巻き500円以下とかから

高いものは100mで2000円を超える物まで。

 

と、幅広くいろいろありますが、比較的安く手に入るのがうれしいところ。

 

ナイロンラインのメリット

●しなやかで適度なコシがありトラブルが少ない

●しなやかなのでガイドへの抵抗が減り飛距離が増える

●伸縮性があるので急激なテンションでも切れにくい

●比重が軽いため沈みにくい

●スプールに馴染みやすい

 

ナイロンラインのデメリット

△感度が良くない

△傷に弱い

△吸水性があり、使用後は径が太くなる

△紫外線に弱い

△劣化が早い

 

で、上記メリットですが用途が違うと実はデメリットにもなります。

 

なので特性を知るということはとっても重要ですね(^^)

 

ナイロンラインの使い所

実際にはどんな時に使うのか?

ということですが、ナイロンラインのメリットはしなやかさで伸びるという点でした。

ナイロンラインはしなやかなのでルアーを投げた時にロッドのガイド(ラインを通す穴)へのぶつかりが少ないです。

そのため、無駄な力がかからず、遠投性(ルアーの飛距離)がよくなります。

さらに伸びることからクッション性が良いです。

maxresdefault

つまりは主に投げて巻くという動作の時が一番力を発揮します

遠くに投げ、常にラインを巻いて張っている状態なので急に魚が掛かってもクッション性を活かしラインブレイク(切れる)を防いでくれます。

 

まとめ

以上簡単でしたが、ナイロンラインの特徴をお伝えしました。

とにかくナイロンラインは柔らかくトラブルが少ないので最初に使うラインとしては安いしオススメです。

最初に行う、投げて巻くという動作をするならもっとも適しているラインだと思いますのでガシガシ使ってみてください。

 

注意としては傷や劣化に弱いので頻繁に巻き替え(釣行3〜5回に一回目安)ることをお勧めします。

 

 

 

さて、このナイロンのメリットを使って効果的な釣り方はなんでしょう~?

と、ちょっとしたクイズを出してみる(笑)

まあ正解は人それぞれなので必ず正しいということはないんですけどね。

 

以上NFG宮崎でした~。

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ