釣りたてワカサギ!その場で揚げてバーガー作りました!

こんにちは。

NFG宮崎です。

 

今年も毎年恒例のワカサギ釣りへ行ってきました。

手軽に出来て沢山釣れるワカサギは釣り物の少ない冬には貴重なターゲットです!

 

明け方からスタンバイ

釣りは明け方が勝負!

暗いうちから準備して日の出と共にスタートします!

釣れるのもありますがその方が気合が入りますね(笑)

でも実際10時頃には釣れなくなる事が多いので早い方が良いのは確実です。

 

いきなり釣れる

仕掛けを落とすとすぐに竿先にピクピクーっと優しいアタリが!

軽く合わせてリールを巻くといきなり釣れました!

 

やっぱりこの顔を見ないと冬じゃない(笑)

うん癒される。

ワカサギ釣りは手返しが大事!

あとは淡々と釣るだけです。

 

釣り方

釣り方はとても簡単。

仕掛けを底まで落として軽く竿を上下するだけです。

重りで底をトントンと叩く感じですね。

釣れる時は仕掛けは落とせばすぐ釣れますよ。

 

 

仕掛けはこれ

針数が多い方が一度に釣れる魚は増えますが、トラブルも多くなります。

なので5本針が使いやすいですね。

 

この仕掛けは連結すれば10本針になるので慣れてきたら10本針にして

大漁を目指すのも良いですね。

 

僕の家族はそんなに食べないので5本針でのんびりやってます。

無駄に釣っても可哀想ですからね。

 

ワンポイント

ワカサギ釣りの針には袖バリと秋田狐ばりの2種類があります。

 

・袖ばり

針先が外側を向いているので掛かりやすいのが特徴ですが掛けた魚をややバラしやすい。

・秋田狐

針先が内向きなのでかかりは若干劣りますが、掛けた魚を逃しにくいのが特徴です。

 

どっちが良いとかではありませんが状況に合わせて使い分けましょう。

あとはエサをこまめに交換することですね。

ベニ刺しという赤い虫エサをメインで使いますが、色が抜けてふやけて来たら交換の合図です。

 

大漁でした

この日は午前中だけやりましたが大漁でした。

群れがいて手返しがよければ誰でも簡単に釣ることができますよ。

 

実食

今回のメインイベント!その場で食べよう!釣るのはメインじゃないんです(笑)

いつもは揚げてそのまま食べてるんですが、今回は揚げたワカサギを

パンで挟んだワカサギバーガーを作ってみました。

 

と言ってもコンビニでパンと千切りキャベツとタルタルソースを買って合体させただけですけどね(笑)

こういった無駄な事にこだわるのが好きです。

 

ワカサギの仕掛け


今回の釣り動画

よかったらチャンネル登録&高評価よろしくお願いいたします。

 

 

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

宮崎

 

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ