ラインの特性を知る③PEラインについて

おはようござい鱒w

NFGです。

 

今日もよろしくお願いします(^^)

 

まずは昨日のクイズから。

 Q:やってはいけないフロロの使い方はなんでしょう~?

 A:トップウォーターでの使用

100%とは言えませんが、一般的にトップウォーターで使用するのはあまりお勧め出来ませんね。

なぜなら、ラインがすごく重いので使用中にラインが水中まで沈んでしまい、ルアーの動きを損ねてしまいます。

さらに、ルアーによってはポーズ中にラインの重みで沈むこともあるくらいです。

なので、使用時は注意してくださいね~。

※使い方によっては絶対にNGというわけではないのであとはお好みですね。

 

では、本題に入りますね♪

ナイロン、フロロと来たら~、そう、今日は

PEラインとは

images (2)

の説明になります。

 

このPEラインですが海釣りでは一般的ですがバス釣りではあまり使用する機会が少ないですね。

なので使ったことのないアングラーさんも多いのではないでしょうか?

このPEラインですが他のラインと最も違う点があります。

それは、ナイロンやフロロは単線ラインとう一本の糸ですが、PEラインはポリエチレン繊維を複数編みこんだラインになります。

作り方から違うラインという事です。

 

PEラインのメリット

●ほぼ伸びないから感度抜群

●ラインに癖が付かない

●単線ラインより細く強く出来る

●紫外線にも強い

●飛距離がでる

結構メリットありますね♪

 

PEラインのデメリット

 

△値段が高い

△腰が無い為扱いに慣れが必要

△伸びないので魚によっては弾いてしまう

△根ずれに弱い

△リーダーが必要

△竿に絡みやすい

 

ということで少し取っ付き難い感じですかね。

まとめ

メリットもデメリットもありますが、実際使ってみると細いし強いし遠投も可能です。

長持ちもするので良い事は沢山あります。

最近のバス釣りでも出番が増えてきているので特徴を理解し、使い分けてみてください。

 

ちなみにバス釣りでは強度が強く浮くことから○○○○の釣りに使うのが有名です。

さてそれは何でしょ~。

ではでは今日もありがとうございました☆

 

私がコストパフォーマンスが良いことから愛用しているラパラのPEラインです

 

 

にほんブログ村 釣りブログ ダム・野池釣りへ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ